医療脱毛後のアフターケアをした肌としない肌の比較

肌の比較

医療レーザー脱毛を成功させるためには、施術後のアフターケアも大切になてきます。 施術後のお手入れを比較してみても、しっかりケアをした場合と、何もお手入れを行わないケースでは、ムダ毛の効果にも影響が出てきてしまいます。 医療レーザー脱毛の照射をした肌は、少し赤みがあって熱を持ちます。

照射後しばらくは、その状態になりますが、ジェルや保冷剤などで鎮静すれば、クリニックを出る頃には、だいたい落ち着いています。 しかし、皮膚の表面化では、ほてりは継続しています。 わかりやすく言うと、軽くヤケドを起こしている状態です。

バリア機能は低下していますから、皮膚の水分は、何もしなければ、どんどん失われていくことになります。 そこでアフターケアによる、水分補給のうるおいケアが必要になってきます。 何もしなければ、土台である肌は乾燥しますから、毛の生え変わりも順調ではなくなります。 せっかく照射をしても、ムダ毛の効果は効率的とは言えない状態です。

十分な水分補給を、いつも以上にしてあげることで、肌は潤い脱毛の効果もアップしていきます。 脱毛をしたら、当日はもちろんのこと、1週間くらいは、徹底して保湿のケアをしてあげることが重要となってきます。 アウターケアには、乾燥しがちな素肌に水分チャージがしっかりできる、ローションやジェルなどを使うとよいでしょう。

  • 医療脱毛ランキング 大阪心斎橋

医療レーザー脱毛