医療レーザー脱毛の歴史

脱毛の歴史

医療レーザー脱毛の歴史を語る上で必要不可欠な理論が存在します。 それは選択的光熱融解理論です。これは光のパラメータを調節して、他の組織を傷つけることなく、特定の部位にのみ光熱融解を起こさせようとする理論です。 この理論を元にして生まれたのは、脱毛機器ではなくシミやアザなどを除去するためのレーザー機器でした。

しかし、この機器で目の周りを治療している時に、眉毛が生えてこなくなったことを偶然発見して脱毛機器としての可能性が見出されたのです。 その後様々な研究開発が行われて、ルビーレーザーを搭載した世界初のレーザー脱毛機器が誕生しました。 しかし、この脱毛機器では有色人種に対する脱毛効果は無い上に火傷を起こしてしまい、白人以外は使うことができませんでした。

そこで新しく開発されたのがアメリカの日系人であるフルモト氏が開発したアレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機器です。 この機器は日本にも輸入されることになり、日本人に対してもレーザー脱毛機器による施術が行われるようになりました。

レーザー脱毛機器はその後も進歩していって、男性の髭やうぶ毛など今までは照射が難しかった脱毛箇所にも対応できる、ダイオードレーザーを搭載した脱毛機器が登場しました。 そして医療レーザー脱毛機器は、ムダ毛に悩む人々の期待に応えるために現在も日夜研究開発が行われています。

  • 医療脱毛ランキング 大阪心斎橋

医療レーザー脱毛