医療脱毛と健康保険の関係

健康保険の関係

脱毛はエステサロンや美容クリニックで行われていますが、医療脱毛は医療機関でなければ行えない施術となります。 医療機関ですから健康保険の対象となりそうな気がしますが、基本的に美容クリニックで行われている施術は健康保険の対象外となるものが多いのです。 医療行為には保険診療と自由診療の二つがありますが、主に機能性の回復に用いられるのが保険診療となります。

自由診療は健康保険の適用となる治療よりも高度な治療を受けることが可能ですから、費用が割高となるのです。 美容クリニックで行われている自由診療は審美治療と呼ばれるものですから、全て自費で負担する必要があるのです。

審美治療とは見た目の美しさにこだわる治療のことですから、機能性を回復する治療とは異なるのです。 むだ毛は生えていても体の機能を損なうものではないため、医療脱毛も審美治療の一つとなるのです。

歯科クリニックでも美しさを求めれば健康保険の対象外となるクラウンを使用する事ができますので、美容クリニックでも同じことが言えるのです。 医療脱毛という名称からも分かりますが、医療機関でなければ行えない施術のため、エステサロンのスタッフとは専門性が異なるのです。 施術時にトラブルがあっても、医師が適切な処置をしてくれるメリットがあるのです。

  • 医療脱毛ランキング 大阪心斎橋

医療レーザー脱毛