ニキビ跡には注意しておきたい医療脱毛

ニキビ跡

医療脱毛は、レーザーの光を脱毛したい部分の肌に照射することによって毛根から自然とムダ毛を抜け落とさせることができます。 また、毛の生える組織を壊すこともできるために毛を作ることができなくなり生えなくなるという効果もあります。

レーザーの光はメラニン色素でもある黒い色に反応するという特性があるため、施術前にはしっかりと除毛処理をしておくことが必要になります。 また、肌表面に他にも黒いものがあれば反応してして痛みややけどのような状態になることがあります。 肌表面にほくろやそばかす、ニキビ跡やタトゥーなどがあれば状況によっては避けて施術が行われます。 とくにニキビ跡にはさまざまなケースがあり、ニキビのあった場所が陥没しているだけであったり黒ずみを帯びていることもあります。 色が黒いのであればその周辺は避けて行われますが、医療脱毛では施術前に医師によって診察が行われて脱毛したい部分を見て判断してもらえるので安心です。

医療脱毛は全身脱毛にも利用ができ、肌がデリケートな顔にも多く利用されています。 ヒゲ脱毛で男性にも多く利用されていますが、女性でも男性のように鼻下やあごに濃いめの産毛が生えてしまう人もおり、脇のように洋服で隠すこともできない部分であることからいつでもむだ毛をきれいにしておくために医療脱毛はとても効果的です。 髪の毛からつながって産毛のようになったおでこやもみあげ、うなじも女性に人気の部位です。

  • 医療脱毛ランキング 大阪心斎橋

医療レーザー脱毛