産毛への効果について

産毛への効果

今回は医療レーザー脱毛を初めて受ける方に読んでほしい入門編として、産毛への効果について解説します。 医療レーザー脱毛で産毛を脱毛する場合は、普通のムダ毛を脱毛する場合に比べて効果がゆるやかになる傾向があります。 その理由は、ムダ毛が含むメラニン色素の多さの違いにあります。

医療レーザー脱毛で使用されるレーザーは、体毛の黒い色のもとであるメラニン色素に反応し、毛根部分に熱のダメージを与えます。 すると毛根部分にある毛が生える元である毛母細胞が破壊され、ムダ毛が再生しなくなり脱毛効果が得られるというわけです。

レーザーはメラニン色素が多ければ多いほどよく反応しますので、太くて黒々としたムダ毛に対しては高い脱毛効果が期待できますが、細くて色素の薄い毛に対しては同じように高い脱毛効果は得られません。 通常のムダ毛であれば、5~8回程度施術を行えばほぼ完全にムダ毛を無くすことができるのですが、顔や背中などに生える産毛への施術であればそれ以上に多い回数が必要となり、また1本残らずムダ毛を無くすのは難しいという場合もあります。 それでも毛量をある程度まで減らすことは可能ですので、施術を行う価値は十分にあると言えるでしょう。

  • 医療脱毛ランキング 大阪心斎橋

医療レーザー脱毛